家族の安心と幸福の追求のための結婚調査
家族の安心と幸福の追求のための結婚調査

岡山県の結婚調査・再婚調査は探偵アンバサダー調査事務所岡山へ。子供の結婚相手を調べたい、家庭環境を知りたい。子供の幸せを願うのは親として当然です。結婚前からの浮気が発覚したり、特異な宗教やセミナーなどの存在が浮上することも。結婚調査では結婚詐欺を防いだり、やましい人間関係が結婚前に明らかになることで取り返しがつかない失敗をあらかじめ防ぐ事がでるでしょう。ご両親や祖父母、ご兄弟からのご依頼も寄せられています。

岡山県の結婚調査、再婚調査
岡山県の結婚調査、再婚調査

メール相談は初回無料です。086-226-1099受付時間 9:00-21:00 [年中無休:緊急時除く]

お手軽メール相談初回無料

結婚調査とは

結婚調査や再婚調査は法律上の「婚姻関係」をつなぐ前に行う調査です。岡山県内では子供が結婚する時には必ず結婚調査依頼をされる家庭もあれば、その相手で大丈夫なのかという疑問から結婚調査を依頼する方まで様々です。また、最近の傾向としては親の再婚の際に調査を依頼される方も増えました。

後妻業を企んでいる可能性のある問い合わせがあります。
お断りしております。

結婚調査の必要性

結婚調査は全ての結婚のケースで必要であるとは言えません。結婚調査の必要がない場合もあります。しかし、一方で結婚調査をするだけで回避されたであろうトラブルが結婚後に浮上することも少なくありません。ここでは結婚調査が必要かどうか、必要ないケースと必須なケースの例を一部ご紹介します。

結婚に反対されている方のための結婚調査もおすすめです。

結婚調査が必要ないケース3選

  • 結婚相手(婚約者・交際相手)やその家族と頻繁に会っている。もしくは近所の方で昔からよく知っている。
  • 結婚に全く関心がなく、どんなトラブルが起こっても無関心でいることができる。
  • 結婚しない。

結婚に対する価値観は人それぞれです。自由な意思が働いています。

結婚調査が必要と思われるケース3選

  • 結婚相手やその家族を知らない。
  • 急な結婚。
  • 結婚前からの金銭問題。

結婚調査が必要なケース①

結婚相手をよく知らない

結婚相手やその家族のことを知らない場合は結婚調査をお勧めします。

結婚は当事者の問題と表面上では言いつつも親戚関係や家族としての関わりができるのが通常です。わざと結婚相手を紹介しない場合は相手を紹介することで反対されたり、悪いイメージを抱きやすいから紹介したくないことも考えられます。

また、結婚する本人が実は相手のことをよく知らないケースも増えてきています。マッチングアプリで知り合った相手やSNSでは交流があるものの、実際に会ったのは数回。このような結婚も現実的にあります。

婚活パーティーなどの婚活イベントで知り合ったが、本名や職場を確認しないで結婚に向かっていたケースもありました。

  • 娘の交際相手はSNSで知り合ったらしく、本名の確認が取れていない。
  • 住んでいるところを正確に知らない。
  • 家に行ったことがない。
  • 家族の話を聞いたことがない。
  • 婚活イベントで出会ったらしいが職業が怪しい。
  • 不動産関係と聞いていたが、聞いていた職場にいなかった。
  • 水商売の女性かもしれない。
  • 岡山県の人だと聞いていたが、違う気がする。
  • 服装がチンピラで何で生計を立てているのか分からない。

結婚調査が必要なケース②

急な結婚

結婚は急に決めなくても良いものです。焦って結婚する必要はありません。むしろ、慎重になるべきでしょう。

急な結婚の背景には何かあると想像しましょう。受け入れられることであれば良いでしょうが、結婚詐欺師などに焦らせられることもあります。

  • 真面目な娘が急に結婚すると言い出しましたが、相手がだいぶ年上だったので離婚歴などあるかと思い調べました。
  • 娘が妊娠し、結婚することが決まったのですが、話が進まないので問い詰めました。頑なに言わないので相手の男性を調べたら既婚者でした。
  • マンションの購入を結婚前からするようで不審でした。結婚詐欺かもしれないので調査をしました。
  • 後妻業を疑って調査依頼とトラブル相談を依頼しました。

結婚調査が必要なケース③

結婚前からの金銭問題

結婚前から何かにつけて金銭の要求を受けるような相手との結婚はそもそもお勧めできません。結婚して家庭を築く上で収入の安定は当然の基準です。パチンコなどのギャンブル依存やホスト遊び、結婚相手以外での妊娠中絶トラブルもよくある問題です。

  • 娘の交際相手の母親から借金の申し入れがあり不安になって調査を依頼しました。
  • 息子の金遣いが荒くなったと思っていたら結婚の話が出たのですぐにお相手を調べることにしました。
  • 娘からお金の催促があり、どうやら男性に貢いでいるようだったので調べると既婚者でした。
  • 長男の結婚が決まりそうでしたが、結婚前から女性からのお金の要求があったようで不信感があり結婚調査を決めました。
  • 夫が娘の彼氏をパチンコ店で見たのが平日の昼間だったのでおかしいと思い調査をしました。

複数の離婚歴や隠し子、年齢が離れた結婚などの場合も結婚調査をお勧めします。

家族のための結婚調査

結婚調査には大きく分けて3パターンがあります。①自分のための結婚調査、②子供のために親が依頼する結婚調査、③親の再婚調査です。

自分を守る結婚調査

結婚を検討するご自身から、交際相手との結婚を前提に考えるための調査依頼です。真面目な方だけではなく、過去に嫌な経験をされた方も結婚前に相手を調べる傾向があります。相手に聞きにくいことを知りたいケースが多いです。

  • 彼の仕事の様子を見てから結婚の判断をしたい。
  • 彼女の普段の生活実態を知りたい。
  • 実家暮らしのようだが、違うような気がするので調べて欲しい。
  • 他の女性と接触していないか確認したい。
  • 元彼と会っていないか知りたい。
  • ご家族のことを話したがらないので気になる。
  • 聞いていた職場に居ないようなので嘘をつかれている気がする。

子供のための結婚調査

子供の結婚は親として非常に気になるものです。家族だからこそ聞きたいことを聞けない、聞きにくいデリケートな内容もあります。

  • 息子が騙されているかもしれないので調査依頼をした。
  • たぶらかされているかもしれない。
  • お相手の家族のことを知りたい。
  • ご兄弟がどのような職に就いているのか気になる。
  • 結婚するなら金銭感覚がずれていない人として欲しい。
  • 再婚らしいので離婚原因を知りたい。
  • 生活実態を確認したい。

親の再婚調査

離婚も少な時代ですが、再婚もあります。一人が何度も離婚と再婚を繰り返してるというケースもあります。結婚と離婚を繰り返す背景には問題が隠されている可能性もあります。特に、親の再婚相手に不信感を抱くご家族からの再婚調査は相続も見据えて行われています。

  • 親が勝手に再婚した。
  • 父の再婚相手は娘の私と年が近く、不信感がある。
  • 母を亡くしたばかりの父をそそのかしている女性がいる。
  • 母の遺産目当てで近づいてきたと思う。
  • ヘルパーさんが、頼んでいない日にも来るのが気持ち悪い。
  • 私がいない日に限って来る人が来ているようだ。
  • 子供がいる女性と父が再婚しそう。
  • 父が交際相手の女性の言いなりになっている。
  • 母が再婚を考えている人は、輩にしか見えない。
  • 後妻業の女性に取り込まれそう。

高齢の方の場合は、取り込み詐欺や結婚詐欺、後妻業などの不安もあります。

結婚調査で防げる離婚再婚

結婚調査や再婚調査で防げるとこはたくさんあります。結婚や再婚前に接触相手や素行を見ることであなたが知らなかった、隠されていた真実がわかることで自分や家族にふりかかる災いを経つことも可能です。

男女トラブル

岡山県内で最も多いのが男女トラブル・交際関係のトラブルです。結婚が決まっても元彼や元カノと縁が綺麗ていないケースが非常に多いです。また、最近の傾向として婚約や結婚後も婚活パティーに参加したり、マッチングアプリで独身を装って浮気相手を物色しているケースもあります。他人事ではありません。

  • 複数の交際相手がいる。
  • 元彼と連絡をとっていた。
  • 実はすでに結婚していた。
  • マッチングアプリがやめられない。
  • 婚約しているのに婚活している。
  • 元カノが妊娠していた。

金銭トラブル

結婚をするのであれば、お金の価値観も重要です。お金にだらしがないと一生苦労するという考えもあながち嘘ではありません。

  • パチンコが習慣化している。
  • コンビニのATMを毎週利用している。
  • 友達に借金をしている。
  • 親にたかる。

結婚詐欺

詐欺のカモ

詐欺のカモ

結婚詐欺のカモにならないでください。
詐欺師かどうかは調査で判明します。
友人や近親者から反対されている場合も結婚詐欺を疑ってみましょう。
既婚者が独身偽装をして近づくケースもあります。

結婚詐欺は結婚調査で判明します。結婚適齢期を過ぎている方、結婚に焦りを感じている方、真面目な方が結婚詐欺に遭いやすいです。

  • 友達に結婚を反対されている。
  • 親友がやめろというけれど、どうしても彼と結婚したい。
  • 結婚の話が出てもなかなか話が進まない。
  • 結婚前にマンションや保険の話をされた。
  • 相手の母親が体が弱く、何かとお金がかかるらしい。
  • 親や兄妹がいない。

後妻業

後妻業、高齢者トラブル、シニアトラブル

後妻業、高齢者トラブル、シニアトラブル

一人暮らしのシニアにつけ込むのは
介護職、ヘルパーだけではありません。
結婚相談所や紹介業からも流れ込んでいます。

後妻業は女性だけではありません。男性のケースもあります。

  • 色恋に全く関心がなかった母が再婚をしたがっていることに不信感がある。
  • 半分ぐらいの年齢の相手と再婚話がある。
  • 急に結婚相談所に登録していた。
  • 自宅の登記名義を変えられた。
  • 親が高額の保険に加入した。

宗教トラブル

後々にまでトラブルが続くのが宗教です。離婚が難しいケースもあります。
高齢者の再婚の際にも取り込み詐欺のような相談も寄せられています。

  • 息子が訳のわからない宗教に入ったようで不安。
  • 娘が結婚する相手が聞いたことがない宗教をしている。
  • 宗教活動をしている相手と結婚させたくない。
  • 結婚するなら入信しないといけないようで、辞めさせたい。
  • 何かと金をつぎ込む宗教に関わりたいくない。
  • 結婚前から、もう墓の話をしていることに不信感が強まった。

宗教に関してはデリケートかつ悪いイメージを持っている方も多く、知りたいと考えている方から調査依頼が入ります。

結婚を反対している、反対されている時の結婚調査

結婚調査は上記のような理由で依頼が入るばかりではありません。結婚に反対されている方が親を説得するために調査報告書が必要だったり、または結婚を反対する親が反対する理由を突きつけて考え直させるために依頼するケースもあります。

親が結婚を反対している場合

結婚を反対されたAさんのケース

  • 30代女性
  • 親の反対
  • 交際相手:30代男性

3年ほど付き合っている彼との結婚を親に反対されています。彼の職業が気に入らないのです。彼は水商売をしていたのですが、結婚を機に昼間の職業へと転職しました。今までの彼のイメージが強く、特に父に反対されています。私も半信半疑なところがありましたが、真面目に働く彼をわかって欲しくて結婚調査を依頼しました。

結婚を反対されたBさんのケース

  • 30代男性
  • 母親の反対
  • 交際相手:30代子持ち女性

彼女がバツイチで子供がいます。僕は初婚で彼女の子供も懐いてくれていて結婚したいと思っています。しかし、母がどうしても嫌だというのです。偏見があるのだと思います。とても真面目な女性です。しかし、出会いもマッチングアプリだったので自分も強く言えないところがあって結婚調査を依頼することにしました。

親が結婚を反対している場合

息子の結婚に反対しているAさん

  • 50代女性
  • 息子の結婚に反対
  • 息子:40代の会社員

息子の交際相手に不信感があります。息子は40代、女性は20代でだいぶ歳が離れています。派手な印象もあって息子とは合わないと思うのです。すぐに離婚するなどあってはいけません。息子が知らない彼女の素行を調べたいと思って依頼しました。

娘の結婚に反対しているBさん

  • 40代男性
  • 娘の結婚に反対
  • 娘:20代の学生

娘の結婚に反対しています。まだ会ったことはありません。ネットで知り合った男性のようです。時代なのかもしれませんが、インターネット状と現実社会は違うと思うのです。どんな相手か分かりませんから結婚調査を依頼しました。聞いていた職場にいないことも分かり、調査をしておいて良かったです。

結婚調査のメリットとデメリット

結婚調査のデメリットは、費用がかかることでしょう。調査には調査費用も調査期間もかかります。費用をかけてでも結婚調査を行う価値があるのであれば、早めに依頼するのが良いでしょう。

結婚調査のメリットは依頼者の知りたいことが明らかになることです。結婚する前に知っておきたい情報を人間関係をギクシャクさせずに入手することができます。また、結婚前であれば結婚を辞める選択もできます。予め結婚後のトラブル予測を立てておくことで対応しやすいことができます。また、悪いことばかりではありません。思っていたよりも素晴らしいご縁かもしれないのです。

結婚調査の注意点

結婚調査は水面下で行われるのが理想です。子供の結婚相手を調べる場合は、子供や調査対象者のお相手にバレないことが重要です。調査対象になってることを知っていい気持ちはしないでしょう。調査で得られた結果も心の中で留めておくのが良いでしょう。そして、利用するのは調査依頼をされた人だけが得られる特権です。

よくある質問

結婚調査はいつ頃始めるのが良いですか?

理想は結婚が決まってすぐです。調査期間が必要ですので早い方が良いでしょう。

結婚調査はどのような方からの依頼が多いですか?

最も多いのは親御さんからのご依頼です。

恥ずかしながら結婚相手に聞きたいことを聞けずにいます。当事者でも結婚相手の調査を依頼できますか?

もちろん可能です。質問しずらいことや、はぐらかされていることを調査依頼するのは必要なことです。

結婚調査は再婚相手でも可能でしょうか?

もちろん可能です。失敗した経験がある場合は同じこと繰り返さないためにも必要で有効な手段です。

結婚調査の依頼方法

面談予約

まずは、面談のご予約をお取りください。

お電話かメールホームからお問い合わせください。

面談

ご予約の日時にお越しください。
調査に関する資料をお持ちください。

名前や住所、職場、利用車両、写真など分かるものは何でも構いません。必要ないと思っているものでも出来るだけ多くのものをお持ちください。

調査

入金後に面談で決めた調査がスタートします。

調査内容によって費用や期間が異なります。調査後はスムーズにご報告いたします。

調査結果をもとにしたトラブル相談もご依頼ください。

メール相談は初回無料です。086-226-1099受付時間 9:00-21:00 [年中無休:緊急時除く]

お手軽メール相談初回無料