岡山、倉敷の浮気調査や不倫調査
岡山、倉敷の浮気調査や不倫調査

岡山県内の浮気調査や不倫調査について解説します。浮気調査や不倫調査が初めての方にも分かりやすいように浮気調査の必要性や不倫調査の重要性を説明します。探偵や興信所に依頼をしようか迷っている方にわかりやすく解説します。

浮気調査とは

警察に届け出をしている探偵や興信所に依頼して行う調査を一般的に浮気調査や不倫調査と呼ぶことが多いです。浮気調査や不倫調査は表現は違いますが同じような意味で使われています。

既婚者だけではなく結婚前の信用調査の一環で浮気調査を依頼される方もいますし、結果として結婚詐欺が発覚するケースもありました。浮気疑惑の対象者の行動や接触相手、立ち寄り先などを調べます。浮気相手や不倫相手の特定ができれば、浮気相手調査(不倫相手調査)へ移行するケースがほとんどです。浮気相手を特定することで慰謝料請求先がわかります。浮気相手が一人とは限りません。複数の異性との交際が発覚するケースもあります。

浮気調査や不倫調査をスムーズに進めるにはコツがあります。詳細について

岡山県の浮気調査や不倫調査の実情

大きく分けて2パターンがあります。ご自身で浮気調査の必要性を感じて依頼するケースと紹介から依頼が入るケースです。

  • 個人依頼
  • 紹介依頼

浮気調査の個人依頼について

個人が直接探偵社にコンタクトを取って浮気調査の依頼をするケースです。

浮気調査の紹介依頼について

弁護士や警察OBなどから紹介されて依頼に繋がるケースです。揉めている案件が多いです。

  • 知り合いの会社経営者の方に相談して紹介してもらいました。
  • 弁護士に証拠を集めるように言われました。
  • 通っているクリニックの奥様に教えていただきました。
  • どこの探偵社に依頼していいのか分からず紹介してもらいました。

浮気調査の必要性について

浮気調査は武器集め!

「浮気なんてしていない」「疑う行為は悪だ!」など浮気をしているにもかかわらず否定され、逆ギレされて黙ってしまう・・悔しさは晴らさなければ妻として夫としての立場がありません。浮気調査や不倫調査は、隠された真実を目に見える形にする手段です。嘘を真に受けるような馬鹿だと思われてはいけません。「証拠」は相手の言い分が真実かどうかを確かめる手段であり、あなたを守る武器集めでもあります。

浮気を疑ったら「浮気調査」
不倫を疑ったら「不倫調査」

夫に浮気をされたり、妻を寝取られて黙っていられますか?
費用も時間もかかるのにあえて探偵や興信所に依頼する方は辛い思いを晴らすことが目的です。
探偵アンバサダー調査事務所岡山が力になります。

浮気カウンセラー

浮気や不倫の証拠の専門家がサポートします!

証拠が必要な人とは

あなたに「証拠」は必要ですか?

浮気調査や不倫調査の必要性
浮気調査や不倫調査の必要性

浮気の証拠や不倫の証拠が必要なケースについて解説します。
浮気や不倫の証拠は、誰でもが必要として探偵や興信所を利用するわけではありません。必要がない方もいます。わざわざ高い費用をかけて探偵調査を依頼するのか、その必要がある人とない人について具体例を挙げて解説します。

浮気調査の必要がない人について

浮気の証拠や不倫の証拠が必要ない人についてです。夫の浮気や妻の浮気を「黙認」できる人は、高い費用をかけて探偵や興信所を利用する必要はありません。また、調査費用が「もったいない」と考える人も必要ないことです。

  • 夫や妻が誰と性交渉をしていても構わない。
  • 妻が他の男性の子供を妊娠しても許せる。
  • 家族以外に経済的な援助をしても平気だ。
  • 浮気をしている妻や夫から離婚を要求された場合、応じる。
  • 不倫をしている妻や夫との離婚の際には財産を全て奪われても問題ない。
  • 離婚しても慰謝料はいらない。
  • 浮気相手に慰謝料請求はしない。
  • 社会的な地位や名誉は自分にはどうでもいい。
  • 子供がいじめられてもかまわない。
知恵梟

上記のような場合も、浮気や不倫の証拠収集の必要はありません。
探偵や興信所を利用することもないでしょう。

浮気の「証拠、不倫の「証拠」が必要な人

浮気や不倫を「疑う」こと自体が精神的に負担になります。家族として、夫婦としての絆が崩壊しかけています。大きなストレスがかかることです。浮気が「クロ」だと思っていても、肝心なところを押さえられない状況にいら立ちを感じるようであれば精神的にも限界がきています。早めに調査依頼をしましょう。

  • 夫や妻が他の異性と接触していないか気になって仕方がない。
  • 夫や妻を「疑っている」状態が辛い。
  • イライラして仕事に集中できない。
  • 子供に八つ当たりしてしまう。
  • 浮気や不倫は許せない。
  • 離婚を考えている。
  • 浮気相手に慰謝料請求をしたい。
  • 離婚の慰謝料を高額にしたい。
  • 不倫相手に制裁をしたい。
  • 社会的な罰を与えてやりたい。
  • 憎い。
知恵梟

浮気調査や不倫調査で「真実」を知って目的を達成する!

不満や苛立ちがる場合は、浮気疑惑がかかっている相手に「追及」したい感情が生まれるものです。精神的な負担は長引くことで精神の異常を招きます。鬱(うつ)病やパニック障害など発症するとなかなか回復できない結果を招くことも少なくありません

精神疾患は法律上の「離婚事由」に当たります。
このような場合、証拠を早めに得て次のステップに進むことで回避しましょう。

浮気調査で探偵に依頼する理由

浮気の証拠が必要な時の解説
浮気の証拠が必要な時の解説

浮気の証拠が欲しい!

通常浮気や不倫は隠れてコソコソ行われ、証拠隠滅を図りながら浮気相手と会っています。浮気や不倫を理由にして「離婚問題」「慰謝料請求」となると厄介なのは承知のはず。簡単にシッポは出しません。また不十分な言いがかりをつけると逆ギレされたり、証拠がないことがバレてしまいます。

納得させる証拠が必要!

離婚訴訟になった時は証拠が必要です。
訴訟では「証拠」で勝ち負けが判断されます。
プロフェッショナルに依頼するのとしないのでは大きく結果が違います。

浮気調査とその後の対応

浮気調査の依頼方法

お気軽にお問い合わせください。086-226-1099受付時間 9:00-18:00 [年中無休:緊急時除く]

お問い合わせ