浮気調査を依頼する?しない?浮気調を検討中の方必見!浮気調査必要度チェックリスト

浮気調査をするかしないか迷った時の浮気調査チェックリスト
浮気調査をするかしないか迷った時の浮気調査チェックリスト

浮気調査には費用がかかる!浮気調査をするかしないか迷うからチェックリストが欲しい。そんな要望にお答えします。浮気調査や不倫調査は調査費用がかかります。探偵や興信所を利用して夫や妻の浮気の証拠が欲しいけれど、費用をかけまで浮気調査が必要か、本当に自分に必要かどうかわからない。浮気調査に迷ってもやもやしている方のために現役の探偵事務所スタッフが解説します。

メール相談は初回無料です。086-226-1099受付時間 9:00-21:00 [年中無休:緊急時除く]

お手軽メール相談初回無料

浮気調査とは

岡山県の浮気調査、不倫調査
岡山県の浮気調査、不倫調査

一般的に浮気調査とは探偵・興信所に依頼して浮気の証拠収集を行うことと考えられています。探偵調査によって得られる調査結果は調査対象者の行動によって使えるもの、使えないものがあります。不法な手段で入手した証拠も利用できません。(探偵・興信所が不法な調査を行うことはありません。)注意:GPS機能を利用した機器の取り付けは犯罪であり、岡山県でも問題になっています。

法に触れる行為には手を出さないようにしましょう。

浮気調査(ここでは不倫調査も含めて)とは、浮気(不倫)の証拠を集めることを目的とした調査全般を浮気調査と表現しています。
浮気の概念は人によって様々で法的な浮気の概念である「不貞行為」とは違います。
例えば、夫や妻が配偶者意外と食事に行っただけでも許せない人もいます。また、二人だけでデートをしても「不貞行為」には該当しません。離婚事由に該当しなければ法的な離婚に関しては認められることはないでしょう。しかし、離婚を考えたときに必ず弁護士や裁判所を利用して離婚しなければならないわけではありません。当事者同士が納得した上で離婚届が正常に受理されれば離婚は成立します。

離婚に必ず弁護士や裁判所の利用が必要な訳ではありません。

岡山県では弁護士や裁判所を利用せずに離婚される方が多数です。

浮気調査の依頼者ってどんな人

浮気調査や不倫調査はいくらかかるのか疑問?

浮気調査依頼者ってどんな人?

探偵や興信所を利用して浮気調査を依頼するのはハードルが高いかもしれません。探偵や興信所は一生に1回も利用せず過ごす方が大半です。探偵・興信所を利用した経験がある方が周りにいない方もおり、信憑性のあるクチコミもないのでどんな人が利用しているのか検討もつかない方も多いです。

浮気調査の目的

目的
目的

「浮気調査」と言っても目的は依頼者によって違います。探偵や興信所を利用して行う浮気調査の目的は離婚の理由や浮気相手への慰謝料請求だけではありません。また、同じ「離婚」一つをとっても「優位に離婚をしたい」方もいれば、離婚の準備として浮気調査を行う方もいます。

浮気調査には大きく2パターンがあって、①明らかな浮気の形跡はまだないものの夫や妻への不信感から浮気調査を依頼する方、もう一つは②浮気の確信を得ているものの、証拠がなく浮気調査依頼をされる方です。
前者の場合は早めに浮気調査に取り掛かるほど情報量が多くえられたり、より有利な解決方法や対策を検討することができるでしょう。
残念なのは後者です。後者の場合は夫婦の信頼関係が失われており、すでに探偵や興信所を利用した浮気調査を行う時期を逃してしまっている方もいます。

離婚が決まってから浮気調査をしても遅いです。

岡山県内では前者のパターンが多く、夫や妻の浮気は半信半疑の状態で心の内では浮気をしていない望みを抱いている方もいます。

気をつけたいのは②の方です。浮気の悩みを長く抱えている傾向があります。精神的に不安定になったり、不眠やアルコール依存症などで生活の質が低下することもあるようです。冷静な判断ができず、自ら夫婦関係を拗らせるような行動をとりがちなので気をつけましょう。

浮気調査と浮気調査料金

浮気調査料金
浮気調査料金

浮気調査(不倫調査)は、ある程度まとまった費用がかかるものです。誰でも探偵や興信所を利用できるわけではありません。かといって、探偵や興信所を利用して浮気や不倫の証拠を入手するのは経済的に余裕がある方だけではないのも事実です。探偵アンバサダー調査事務所岡山で浮気調査を依頼されている方は主婦や会社員・公務員から会社経営者・医者・士業など幅広いのが現状です。

浮気調査や不倫調査を依頼するのはどのような人なのか、お金をかけてでも浮気の証拠を手に入れるのはどんな人なの詳しく解説します。

浮気調査の必要性の有無

まずは、浮気調査(不倫調査)の必要がない人についてです。探偵や興信所を利用せずに一生を過ごす方の方が大です。離婚において弁護士よりも探偵を利用する人の方が圧倒的に少ないのが現状です。少し考えれば誰でもわかることですが、「通常」以上の結果を求める方、裏切りに対する制裁を与えたい方、優位な離婚を求める方などは相手が不利になり、結果として自分が優位になるような状況を作ることが求められます。

浮気調査の依頼が不向きな人

浮気調査や不倫調査の依頼ができない方もいます。

  • 今すぐ離婚したい。
  • 浮気や不倫を許せる。
  • 夫や妻のことが気にならない。
  • 探偵調査にかける費用を捻出できない。
  • 浮気調査をバラしてしまう。
  • 自己調査で不信感を与えている。
  • ストーカー気質が強い。

今すぐ離婚したい方に浮気調査は不向きです。浮気調査で浮気の証拠を集めるには時間がかかることも考えると我慢できない方もいます。このような方に浮気調査は不向きです。

また、そもそも夫や妻の浮気が気にならない方にも浮気調査は必要ありません。

調査費用については、ある程度用意しておきましょう。

口が軽い方も浮気調査の依頼には向いていません。自分で浮気調査を依頼していることをバラしてしまうような軽率な行動をとる方は、目的の達成自体が難しいでしょう。自分で自分を追い込むような行為で本末転倒です。浮気調査費用が高額に跳ね上がったりトラブルの原因になります。探偵社や興信所の利用には不向きです。

2022年、ストーカー規制法が強化されました。GPS機能がついた機器を利用している方がおり、アンバサダー調査事務所にも車両を確認してほしいという問い合わせが寄せられています。犯罪行為を行うことでどのような結果になるかは簡単に想像できると思います。

浮気調査の依頼者

岡山県で浮気調査(不倫調査)を依頼される方は、探偵社にすがるような思いで来られます。

  • 浮気(不倫)の証拠が欲しい。
  • 苦しくて眠れない。
  • 真実が知りたい。
  • 精神的におかしくなりそう。
  • 制裁を与えたい。

浮気や不倫の証拠が欲しい方は浮気調査(不倫調査)をするメリットがあります。

真実が知りたい方も浮気調査をすることで相手の嘘を暴いたり、疑惑のある不審な行動についての裏付けになる情報が得られることもあります。

浮気や不倫をされた苦しみは、精神的な負担も大きいもの。眠れなくなったり、大きなストレスで精神的な症状からからの不調が現れる方もいます。精神疾患などになることでその後の人生の質が下がるのは絶対に避けたいものです。

浮気や不倫の裏切り行為に制裁を与えたいと考えるのは通常芽生える心理状態です。あなたや家族に対し裏切られたことが許せない。プライドが傷つけられた方も浮気の証拠を武器にしてください。

岡山県の浮気調査依頼者

浮気調査必要度チェック!

ここでは浮気調査必要か否かのリストを儲けました。現役のアンバサダー調査事務所カウンセラーが今までの経験を生かしてまとめています。まずは簡単なチェックをしてみましょう。その後、詳しく解説しています。

チェック!

夫や妻の行動を思い出しながらチェックしてみましょう。

  • 夫や妻のことが気になる。
  • 夫(妻)に浮気疑惑がある。
  • 以前、浮気をされた経験がある。
  • 親しい人に夫や妻の浮気を指摘された。
  • 夫(妻)の金遣いが荒くなった。
  • 服装の好みが変わった。
  • スマートフォンを常に近くに置いている。
  • 家に居ないことが多い。
  • 子供を大事にしなくなった。
  • 常にイライラして不機嫌。
  • 予定を尋ねると怒る。
  • 連絡がつかないことがある。
  • 夜中に帰ってくる。
  • 深夜に家を抜け出す。
  • 離婚を考えている。
  • 離婚すると親権の争いが予想できる。

上記のチェック項目は浮気調査の必要性を念頭に置いたチェックです。該当項目が多いほど浮気調査をお勧めします。詳しくは下記の結果診断で当てはまる部分をお読みください。

浮気調査必要度チェック結果診断

夫や妻のことが気になる⇨

夫や妻の浮気を念頭に行動が気になるあなたには「浮気調査」をお勧めします。離れているあなたのパートナー行動が常に気になるようであれば仕事も手につかないでしょう。かといって、監視行動は行き過ぎです。GPS機能をスマートフォンに仕込むなどストーカーのような行動を取るのは問題です。見つかれば信頼関係は崩壊しますし、離婚を言い出される可能性もあります。

夫や妻に浮気疑惑がある⇨

具体的に浮気を推測するようなことがあった場合はどうしても「浮気疑惑」が頭から離れません。気にしないように心がけているつもりでも、不安や怒りが込み上げてきます。浮気の疑惑は浮気調査で解消することができます。考えても想像しても答えが出ないことに時間を割いでも無駄です。大切な時間を無駄にする必要はありません。浮気調査で解消できます。

以前、浮気をされた経験がある⇨

過去に浮気の経験がある場合は浮気へのハードルは低くなります。また、浮気がバレなかったり、浮気がバレても許されたと感じるとなおです。また、あなた自身が浮気をされた経験があって別れずに交際を続けたことがあるのであれば、パートナーの浮気の原因はあなたにある可能性もあります。「騙せる自信がある」「言いまかすのが簡単」など、相手に思わせないように心がけましょう。浮気に気づいても事実確認した上で対処をしなければ浮気がバレていないのと同じです。

親しい人に夫や妻の浮気を指摘された⇨

浮気をされて第三者から指摘されるのは非常に心苦しいことです。身近な人が気付くような浮気や不倫の場合はすぐにでも浮気調査を行ってほしい状態です。恋愛感情が昂っている時は浮気の証拠が取りやすいとも言えます。
また、兄弟姉妹や親友から浮気を指摘されるような浮気の場合は、知らないのはあなただけ、周囲からは浮気されている奥さん、旦那さんという認識で見られている可能性もあります。気づかないうちに誹謗中傷やうわさ、ママ友間での話のネタになっていることもあります。

夫(妻)の金遣いが荒くなった⇨

浮気や不倫の兆候としてよく見られるのが用途不明のお金です。浮気や不倫では食事代やホテル代、プレゼント代などの出費があります。少額でわからないような出費もあれば、家計に影響するような出費や借金もあります。後者は問題です。

服装の好みが変わった⇨

洋服やメイクが変わったり、長年メガネで生活していた人がコンタクトレンズに変えるなど変化があります。ズボラな人がジムに通い出したり、見た目を気にかけるようになるなど、異性を意識した身だしなみは浮気につながりやすいでしょう。

スマートフォンを常に近くに置いている⇨

今ではスマートフォンの利用が普通ですが、トイレやお風呂に入る時まで持参するのは触られたくない理由があるからです。頻繁にロックナンバーを変更するなども警戒行動かもしれません。

家に居ないことが多い⇨

仕事で家を開けるのは当然ですが、やたらと理由をつけて家から出るのは怪しいでしょう。また、専業主婦で仕事もないのに出歩くのは不自然です。それを認めているとエスカレートすることもあります。ルールがあることを認識させる夫婦関係の構築も必要です。浮気や不倫にのめり込んでいくと、家庭が面倒な存在に思えるようになります。

子供を大事にしなくなった⇨

子供を実家に預けて浮気相手と密会する、回数が多くなると実家に預けることもなく車に置き去りにして子供を死亡させる事件もありました。恋愛感情は親としての責任をも放棄することがあります。

常にイライラして不機嫌⇨

浮気が本気へと気持ちが変化してくると夫や妻、家庭の存在自体が厄介です。離婚して浮気相手と再婚を望んでいることも。
また、浮気相手との関係が悪い時もイライラしがちです。

予定を尋ねると怒る⇨

浮気や不倫をしている人にとって最も面倒な質問がスケジュールについてです。そもそも浮気相手や不倫相手との密会は隙間時間や嘘をついて会っているのですから面倒です。

また、小さい嘘をつき慣れている人にとっては全く問題ありません。

連絡がつかない時間がある⇨

不審な時間がありませんか?仕事の時は、後から連絡がくるのに連絡無しでこっそり帰宅するなど、普段の行動との違いにプラスして連絡がつかない時間がある場合、浮気相手とあっている可能性もあります。
違和感がある夫や妻の行動が複数回重なることで浮気調査を依頼するケースは多いです。

夜中に帰ってくる⇨

初めての夜中帰宅は浮気初心者にとってハードルの高い行為です。しかし、慣れてくると週に数回、エスカレートすることもあります。この時期は浮気の証拠が取りやすい時期です。

深夜に家を抜け出す⇨

家庭よりも浮気相手や不倫相手に夢中になると深夜に抜け出す行動が見られることがあります。浮気相手が会いたいと強く要望することもあります。浮気相手の要望に既婚者が応える為に家を抜け出すようであれば家庭を軽視しているのが明らかです。浮気が本気になっていることが想像できます。

離婚を考えている⇨

離婚を考えているのであれば、浮気の証拠があれば優位な離婚ができる可能性が高くなります。あなたが有利な離婚条件を望むのであれば、夫や妻に不都合な情報が多くあるほど有利でしょう。

離婚すると親権の争いが予想できる⇨

離婚後の親権の問題は浮気や不倫とは無関係です。しかし、それは弁護士や裁判所が間に入る時です。夫婦間で話し合って離婚する場合は関係ありません。

浮気調査の手順

上記の簡易チェックで浮気調査の必要性がある方のために浮気調査の手順について簡単に説明します。

浮気調査の必要性があると分かったら次のような手順で浮気の証拠を集めましょう。
初めての方でも分かりやすい浮気調査の手順と絶対にやってはいけない浮気調査時の注意点をまとめます。

浮気調査の手順①

もう一度本当に浮気調査が必要か考えましょう。上記の浮気調査の必要性のチェックリストを参考にしてください。浮気調査にはまとまったお金と精神力も必要です。

浮気調査の壁は金銭です。ネット検索でお小遣い程度の金額で浮気調査を依頼できるのであればほとんどの方が浮気調査に踏み切るでしょう。しかし、実際はある程度まとまった金額を用意できなければ浮気調査の金額があなたにとってともて重たいものになります。だからといって浮気調査がお金持ちのためのものだとも考えていません。浮気調査の費用は自分への投資です。自分にお金をかける価値がない人は浮気をされても探偵を利用するなど考えないでしょう。

あなたの大切な時間はお金では買えません。過ぎた時間は帰ってくることもありません。しかし、資本主義経済の中で、お金は誰でもが手に入れることができるものです。今は無くても将来はわかりません。

浮気調査には適正な時期があります。

浮気調査がしたいのにできない人の理由は
ほぼ費用の捻出の壁です。

探偵アンバサダー調査事務所岡山浮気調査の費用は

浮気調査の手順②

浮気調査の必要性を認識したら覚悟を決めてください。浮気調査は水面下で行うのが理想です。
ある程度まとまった浮気調査料を用意してください。調査料金は生活費以外から捻出するのがおすすめです。

浮気調査中は精神的に落ち着かないことも多くなりますが、深呼吸して気持ちを落ち着かせます。浮気疑惑を持っていることを夫や妻に悟られないようにしましょう。依頼している浮気調査を自分でバラしてしまうような残念な依頼者にならないことも重要です。浮気の証拠を集める目的を見失わないようにしましょう。

自分で浮気調査を依頼しておきながら、自分でバラすなんて・・と思うかもしれませんが、軽率な行動に出る方も稀にいます。

浮気調査の手順③

探偵・興信所へ依頼しましょう。
通常、探偵社や興信所は予約制をとっています。予約を取る際は「浮気調査の依頼」など簡単にお伝えください。

浮気調査の手順④

面談の予約の日時に遅れないようにお越しください。
調査費用と面談に必要な資料をお持ちください。
浮気調査に必要な資料の例としては、

  • 氏名や年齢、住所、勤務先、立ち寄り先などの情報
  • 写真
  • 行動パターンのメモ etc

最低限の資料として調査対象者(夫や妻)の写真や利用している車両の写真やナンバーがあれば良いでしょう。面談時に詳細はお伺いします。

浮気調査の手順⑤

浮気調査の内容が決まり、入金が済み次第、決められた調査が開始します。

浮気調査の注意点

浮気調査を依頼していることを秘密にしておきましょう。

浮気調査で証拠を集めることができたら、
対処方法や対応を考えましょう。

メール相談は初回無料です。086-226-1099受付時間 9:00-21:00 [年中無休:緊急時除く]

お手軽メール相談初回無料

投稿者プロフィール

White ANGEL
White ANGEL
探偵アンバサダー調査事務所岡山歴15年。左脳の動脈が1本多いと医師から解剖学的破格と称される。この特異体質を生かした分析力に自信あり。行動分析、心理分析を得意とする。浮気不倫の男女関係、その他トラブルにおいて未来が「ミエル」と噂になる。

浮気調査、不倫調査、男女トラブル、離婚、慰謝料、浮気が原因の揉め事は警察OB在籍の探偵アンバサダー調査事務所岡山へお寄せください。